わかりやすい表現をする医療現場です

医療現場では医師などが口頭では表現しにくい、複雑で専門性の高い内容を伝えることになります。インターネットなどの発達により、その意味合いが分かるようになっているもののコミュニケーション不足があると、伝わる患者さんの方にも困った事態になります。コミュニケーションをとって、しっかりと相手のことがわかるということは医療にとっても大切なことです。痛みの表現なども「チクチク」「ヒリヒリ」「チカチカ」するなどの表現もありますし、わかりやすくイメージさせると「鈍い痛み」「刺す痛み」などがあります。様々な表現方法を使っていくことによって、患者さんの状況がわかるようになりますし、患者の立場としても判りやすい表現をすることが大切です。いろいろなことが複雑に絡み合っている医療現場なので、何が必要で何が必要で無いのかということは現場でしかわかりません。そのために医療カルテなどもわかりやすい表記や、引継ぎなどがある場合には判断が必要となっています。