大切なコミュニケーションと医療現場

どんなに医療の最新設備が備わってみても、人間同士のコミュニケーションが不足していると、トラブルに発展する可能性があります。コミュニケーションを取るという言い方は、連絡を取るということから現れていますが、ビジネスの世界では「ホウレンソウ」の位置がコミュニケーションという事に当てはまっています。しかし、医療現場では報告や連絡は必要ですが、それだけでは不十分になっています。健康を預かるということは命を預かるということになっていますので、双方のコミュニケーション不足が生じてしまうと、取り返しのつかないトラブルに発展する可能性があるからです。わかりやすい医師からの説明もそうですし、患者としての空気が読めないような質問をしてしまっては、双方にとって有意義な時間にはなりません。しっかりとわかってもらうように、コミュニケーションを作っていくにはお互いに、対応する人に対しての敬意を表すことは大事だと言えます。